平砂アートムーヴメント展示企画2019

​​​​​​​



開催概要
会期 2019年5月20日〜6月2日 10時〜18時(最終日のみ15時まで)
会場 筑波大学平砂学生宿舎9号棟

宿舎としての利用が停止された平砂学生宿舎で、筑波大生55名がアート作品を制作・展示する試み。
インスタレーション、メディアアート、パフォーマンスなど計65点の作品が、居室やトイレ、ラウンジなど、それぞれの場の持つ特質を活かして展示される。

元学生宿舎という特異な場所での展示に取り組む今回は、
出展者が「ここにおいて みせる」ことが自身の作品に与える影響を理解して作品を形作ること、鑑賞者が「ここにおいて みる」という立場に気づき、作品と対峙することを狙い、展示企画のテーマを「ここにおいて みせる/みる」としている。

 Twitterにて#平砂アートムーヴメント で、現場制作期間中(5月7日〜19日)の様子を見ることができる。



会場アクセス

TXつくば駅より徒歩30分。または関東鉄道バスつくばセンター6番乗り場から「筑波大学循環右回り」「筑波大学循環左回り」「筑波大学中央方面行き」に乗車。
「平砂学生宿舎前」または「天久保2丁目」にて下車。​​​​​​​